カウンター

2018年10月9日火曜日

ところざわまつり2018

皆様こんにちは!

岩久保です。
10月7日に行われましたところざわ祭り、今年も大変な盛り上がりを見せました。
我々旭町太鼓連も頑張ってきましたよ~!




前日10月6日、日本光電さんのご厚意の元、所沢駅東口の本社前にて居囃子を行いました。
とんでもない強風だったのですが、多くの方に足を止めていただき意外と盛り上がりました笑





当日は10月にも関わらずまさかの30度超え。こんな暑い祭りはわたくし初めてです、、、汗
八月からやってきた練習の成果を発揮するとき!町内をぐるりと回り、さあ所沢駅前に向けて出発!!


ファルマン通り交差点を越え、午後二時頃駅前に到着。ここでは三基の山車が並んで曳っ合わせが行われました。

太鼓連の仲間たち




だんだんと暗くなってきました。!そしてようやく涼しくなってきました。
ここから祭りも最高潮!ライトアップされた山車同士の曳っ合わせがかっこいいですね~!ちなみにこの時点でほとんど山車に上がらず歩いてばかりいた僕の手元の万歩計は15000歩でした。もう足が棒です、、。




恒例のボンダンスをみんなで踊った後は旭町公民館に帰ります。
最後の最後まで怪我無く安全に気を付けて帰りましょう~!


最後は打ち上げ!皆様大変お疲れさまでした。僕も何本ビール飲みましたかね。八本くらい飲んだ気がします笑
飲んでばかりで全然山車に上がれなかったので、来年はもうちょっと頑張ろうと思います笑
さあ、祭りが終わればもうすぐ一の酉!!ただいま熊手の仕上げ作業で大忙しでございます。


それではまた!!

岩久保


2018年10月1日月曜日

時は来る!!

皆様、こんにちは!

弊ブログも今回で500回目を迎えることが出来ました。

これもひとえに読者の皆様のおかげです。

感謝の意を込めて、今回は文字を太くしてみました!!


さて、一の酉まで残すところあと1カ月となり、

弊社の熊手作りもいよいよ佳境を迎えています。




完成した熊手を種類ごとに積み上げていきます。大小百種類以上ある熊手は、

この倉庫だけでは収まりきれないため、数か所に分けて保管します。

今月下旬までには全ての熊手を仕上げて酉の市に備えたいところです。



今年の11月酉の市は

1日(木)・13日(火)・25日(日)

開催です!!!

弊社は今年も

浅草 長國寺 
府中 大國魂神社 
石神井 大鳥神社
各境内で商いをいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!



【友】



2018年9月19日水曜日

西台熊手市に関するお知らせ




皆様お久し振りです!
何と!今年から西台熊手市の開催が
第二土曜日となりました!!!

弊社も出店している西台熊手市は、東京都板橋区西台の善長寺境内で

毎年12月に開催されています。

開催日は昨年まで11月の一の酉から数えて四の酉の日でした。

今年は
一の酉:11月1日(木) 
二の酉:11月13日(火)
三の酉:11月25日(日)
なので、例年通りなら
四の酉:12月7日(金)西台熊手市開催!となるところでした。

がっ・・・・

今年は12月8日(土)開催です!!!

因みに、それ以降の12月第二土曜日は

2019年12月14日
2020年12月12日
2021年12月11日
2022年12月10日
2023年12月9日
2024年12月14日
2025年12月13日
2026年12月12日
2027年12月11日
2028年12月9日
2029年12月8日
2030年12月14日
・・・・・・・・・

です!

それでは皆様、第二土曜日のお越しを
お待ちしています!!

(友)






2018年9月4日火曜日

夏が過ぎ・・。

皆様お久しぶりです、岩久保です!
猛暑がようやく一段落し、涼しくなってまいりましたね~。
夏が終われば、食欲の秋(^^)/
ではなく、ところざわまつりが近づいてきましたよ!

こちらは今年のところざわまつりのポスター、旭町の山車も写っておりまして、我らが230師匠のお姿も、、!
皆様ポスターを見かけた際はチェックしてください♪




旭町太鼓連の合同練習も8月から始まり、本番に向けての猛特訓の日々がまたやってまいりました。熊手作りも11月1日の一の酉に向けて佳境を迎えています。
夏が過ぎて益々熱い、弊社と旭町太鼓連を今後ともよろしくお願いいたします!



それではまた!!








2018年6月13日水曜日

梅雨到来ぜよ!

皆様こんにちは!

岩久保です。

いや~いよいよ開幕ですね!!




11月13日の二の酉開幕まで残り5ヶ月となりましたが、ついに関東にも梅雨の季節がやってまいりました。長雨によるジメジメとした湿気がいや~な季節ですね、、。







そんな季節にはじまる熊手の土台製作作業。竹串を使って手作業で岩に〆縄を取り付けていきます。弊社サイズで6寸から2尺以上のものまで、大小様々な熊手の土台を製作していきます。ボク漬け作業は面亀の春行事ですが、僕にとって夏といえばこの〆付け作業なのです!

梅雨は嫌だね~とか言いながら、僕梅雨生まれなんですよね、、。
気づけばもうすぐ32歳。。。
32歳っていえば、坂本龍馬が薩長同盟結んだのが32歳の時らしいです。恐ろしや、、。
僕も熊手界の坂本龍馬になるべく、日本ならぬ熊手の土台を築いていこうと頑張ります(?)


それではまた!!

2018年5月15日火曜日

鍋屋組合ベトナム旅行



今年も鍋屋組合の旅行シーズンがやってきました。
今年の行き先はベトナムのホーチミン。二年前にも訪れましたが、再度やってまいりました。



三泊四日の旅で宿泊するウィンザーホテル。僕は涼さんと九階の部屋に宿泊しました。
この時期のベトナムは雨期らしいのですが、運良く旅行の間は全く雨に降られませんでした。ラッキー(^^♪






なんと今年は海にも行ってまいりました。気温が30度くらいなので、猛暑というわけでもなく過ごしやすかったですね!
海も綺麗で泳げない僕はプカプカと浮いているだけでしたが、楽しかったですよ~!
ベトナムの苺と呼ばれていた謎の果物を頬張りながらゆっくり過ごしました。





今年は色々とショッピングも楽しみました。ベンタイン市場という所には所狭しと露店が並び、さながら浅草の酉の市の様。華麗に客引きをかわしながら、気づけば100万ドン(五千円)くらい買い物してしまっていました。恐るべし浅草。いやベンタイン市場。


そしてやっぱりおいしいベトナムのフォー。僕大好きですね~。初めて食べたときはあまりの不味さにひっくり返りそうになったパクチーも最近克服してまいりました。


皆でエビ釣りなんかも楽しんだり。なんと釣ったエビをその場で食べさせてくれる粋なスタイル。僕は三匹釣ることができましたが、食べきれませんでした笑


前回の旅行に引き続きホーチミンを案内してくれた敏腕ガイドのビンさん。今回もありがとうございました!

というわけで楽しい旅行を通して更に親睦を深めた鍋屋組合。
また来年が楽しみですね(^^)/

それではまた!!!



岩久保

2018年4月25日水曜日

野老澤庚申講春季大祭2018




皆様こんにちは!岩久保です。
先週日曜日に行われました、毎年恒例の野老澤庚申講春季大祭。真夏のような暑さの中(30度近くあったとか、、。)、たくさんの方にご参集いただき、今年も大変賑やかな庚申講となりました。
なんと今年は記念すべき10回目の庚申講です!!!



旭町太鼓連による囃子の奉納もありました!僕も久しぶりに太鼓を叩いたのですが、すっかりなまっていたのでまた鍛えなおさねば、、笑
毎度お馴染み「Pieta Grande」さんによる演奏と歌の奉納もあり、会場の皆さんと一緒に懐かしのナンバーを熱唱しました!




午後四時に無事終了した庚申講、太鼓連、旭町の皆さんと一緒に一時間で片づけを終え、毎度お馴染みの喜楽さんで打ち上げです♪
みんな大好き喜楽さんの焼き餃子!ほかにもレバニラ炒め、焼きそばにチャーハン、ラーメンをいただきました(炭水化物多め)


ご参集いただきました皆様、今年もありがとうございました!

それではまた!


岩久保

2018年3月27日火曜日

お久しブログ


皆様お久しぶりです!!
岩久保です。

ブログを全く更新していませんでしたが、決してさぼっていたわけではありません。
しっかり熊手製作を行っていましたよ!なんてったって酉の市まであと七か月と少しですからね!( ゚Д゚)


このちょっと洒落たインテリアのように積み上げられた板は、置物熊手の土台部分に使うものです。
こうして空気が通るように積み上げて、数日乾かし湿気をとばします。


 乾いてきたら、火であぶり焦げ目をつけます。
これが湿気っているとなかなか色がつかないんです、、、!


火で焦げ目がついたらブラシで余計な煤を落とし、ワックスで磨けば~


じゃん!
かっこいい土台の完成です!!(^^)/


そしてお馴染み、桜が咲くころに行われるボク漬け作業。


熊手の上部を飾る重要な部品であるボク。こうして黒く染め上げ、15枚ほどのブルーシートいっぱいに広げ乾かします。



作る数がとても多いですが、従業員総出で行いますので、作業は一日で終わります。


というわけで、決してサボっていたわけではなく御覧のとおりしっかり働いていました!!

さて今週末には面亀恒例の花見が行われます。そちらの様子もお伝えできればと思いますので、楽しみにしていてください~!

それではまた!!



岩久保